産後の骨盤ベルト 効果的な時期と巻く位置

産後の方から、骨盤ベルトについての質問も多く頂きますので、

今回は骨盤ベルトについて書いていきたいと思います。

まずは骨盤ベルトを巻く目的、ベルトの役割についてですが、多くの方が、

骨盤を『締める』目的でベルトを巻くと思っているのではないでしょうか?

産後のベルトの役割は、

妊娠~出産を経て靭帯が緩み不安定になっている骨盤を支えてくれるものであり、

骨盤を外から締め付けても、骨盤が締まるわけではありません。

もちろん骨盤ベルトを巻いたほうが良い時期というのはあります。

産後1~2ヶ月までは骨盤の緩みが強く、外力を受けやすい状態のため、

ベルトを巻いて外から支えてあげるのが有効です。

それから産後2~3ヶ月たった頃からは、自分の筋肉を使って支えられるよう、

眠っている筋肉を起こしてあげる必要があります。

産後からベルトを毎日巻いていた方であれば、

2~3ヶ月過ぎたからいきなりベルトの使用をやめるのではなく、

家にいるときはベルトなしで生活してみて、外出時のみ着用、

みたいな感じで少しずつベルトなしの生活に移行していくのがおすすめです。

但し、骨盤の緩みや筋肉量には個人差があるため、

上記の時期はあくまでも目安になります。

恥骨痛や骨盤の緩みによる痛みや歩行困難がある場合は、

時期に関わらずベルトを巻くことが助けになる場合もあります。

こちらでは、骨盤の緩みや筋肉の働き等をチェックし、

骨盤ベルトが必要かどうか等もみていきます😊

また骨盤ベルトを現在使っている、

また使う必要がある方にはベルトを巻く位置も大切になってきます。

産後用に作られたベルトであれば、

上前腸骨棘(いわゆる腰骨?と言われるポコっとしたところ)と、

大転子(足の付け根の外側の硬いところ)の間を通るように巻いてあげると、

だいたい支えたいところを支えてくれる構造になっています。

最近は履くタイプのもの等いろんなタイプのベルトがありますが、

基本的にはいちばん締まる部分がその間にくるように巻くのが効果的です。

実際巻いてみたけどよくわからない、という方は

ご来店の際にご持参頂いても大丈夫です😊

今回は、ベルトの役割や効果的な時期、巻く位置についてお話しましたが、

産後、骨盤ベルトを巻かなかったから、骨盤が開いたままになる?

と心配されている方、大丈夫です!

次回は骨盤ベルトを巻かずに過ごした方でも大丈夫!という内容で、

筋肉のお話をしようと思います😊

【女性のための骨盤整体 nico Total Body Care】⠀
*宜野湾店⠀
宜野湾市普天間2-15-17 カーサビアンカ301号⠀
TEL 07044029216⠀
*北谷店⠀
中頭郡北谷町字伊平373-1 プレース103号TEL 07037805025⠀
*那覇店
那覇市銘苅1丁目1-12グランツK301号TEL08058180288

😊ご予約・詳細は
『ニコトータルボディケア』で検索、
またはプロフィール
@nicobodycare
よりホームページをご覧ください😊✨

関連記事

  1. 体重は減っているのに妊娠前のズボンが入らない本当の理由

  2. nicoについて^_^

  3. 人生の1/3は睡眠!

  4. 産後の骨盤ケアは半年以内?

  5. 骨盤調整って産後だけなの?